ベラジョンカジノを遊んで摘発されることはないの?

海外のオンラインカジノを遊んで日本人が摘発されるという事件が2016年に3件起きました。最も有名なのは2016年3月に起きたスマートライブカジノ事件でしょう。この事件では利用客3名が警察に逮捕されたことでオンラインカジノを利用している人に衝撃を与えました。なぜなら、海外のサーバーを利用しているのだから海外の法律が適用される、日本人が逮捕されることはないはずだと考えられていたからです。

実はこの事件は裁判まで進み、結局無罪という判決が出ています。無罪ということはなんら罪にはならないわけで、「必要的共犯が成立する」というこじつけで逮捕に踏み切った警察の誤りだったとも言えます。しかし、世間では「逮捕=罪を犯した」というイメージがありますので、オンラインカジノを遊ぶ人に対する抑止力を狙ったという意見もあります。

それではベラジョンカジノを遊んでいて逮捕される可能性はというと、限りなくゼロに近いと言えます。ベラジョンカジノはマルタ共和国にある会社が運営していて政府発行のライセンスも取得しています。また、スマートライブ事件では日本人に対象を限定してサービスをしていた、日本人女性がディーラーをやっていた、1,000万円近い大金を使って遊んだといったレアな状況がありました。

ベラジョンカジノは日本人限定のサイトではありませんし、日本人女性がディーラーをやっているわけでもありません。サイトは日本語と英語に加えてドイツ語・スペイン語など多言語対応しています。そのため、ベラジョンカジノを遊んで摘発される可能性は現在の法律では限りなくゼロに近いです。逮捕はされなくても大切なお金を失うリスクはあるので余裕資金で遊びましょう。

コメントは受け付けていません。