英語圏のランディングページは参考になる

健康食品のHPとセールスコピーは、優秀な代行会社に依頼すべきです。特に、これまでの成功事例をネットで公開いているところがおすすめです。また、英語圏のティザーサイトを参考にすると、良いLPが作成できます。販売前の製品の宣伝をしているのがティザーサイトですが、開発者によるコメントや進行状況などが英語で発信されているので、ランディングページよりも高い集客率があります。ティザーサイトは、英語で「teaser site」と表記しますが、teaserは「じらす」という意味です。

つまり、紹介すべき商材に関して、幾つかの要素をわざと明らかにせずに広告する手法です。販売前のiphoneにも、よくこの手法が使われます。またSNSで拡散しやすいため、販売前に購買欲が高まります。一方、ランディングページは英語で「landing page」と書き、着地ページと直訳することができます。ランディングとは着地を意味しますが、ユーザーが最初に着地するwebページという意味です。また検索後に初めて訪れるサイトで、通常、1ページ完結型です。他の関連サイトにリンクはなく、その代わり、下の方までスクロールして読ませる内容の濃さが求められます。離脱させないためには、飽きさせないようなメリハリのあるレイアウトが重要です。1ページだから簡単というわけではなく、ランディングページは、コンバージョンを獲得するために、様々な工夫を凝らします。

LPでは、商品のサービスを羅列するのではなく、心理的に読者に寄り添うことが大切です。テキストや画像、そして読ませる順序なども分析して組み立てられたLPは、高いコンバージョン率を持ちます。それには、普段からユーザー心理を研究しなければなりません。そして競合他社のサイトと比較し、的確な差別化を行います。それがブランディングに繋がり、数多くの商品から選んでもらえるようになります。ブランディングには、起用するモデルのイメージも大切です。日本人は多数の人が良いと思っている商品を認めるという心理があるため、いったんブランドが確立されると、購入率が大幅にアップします。それには実際に商品を使用した人の、良い評価やレビューを積極的に公開すると効果的です。またターゲット層を絞り込んで、webマーケティングを行うとさらに良い結果が得られます。ランディングページ制作後は、LPOによって最適化を行い、さらに良いページに改善すべきです。

コメントは受け付けていません。