アプリのランディングページ制作で必要なこと

化粧品のホームページの執筆は、ユーザーの悩みに寄り添うことが大切です。そしてその悩みの解決策として、商品を提示すると効率良く化粧品をうることができます。スキンケア商品といっても、年代によって求めるものが違うので、ターゲットに合ったセールスコピーが必要です。ターゲットを絞り込んだサイトでは、コンバージョン率も高くなります。40代以上の熟年世代なら、加齢に伴うしわやたるみ、ほうれい線などに興味が集まります。20代から30代の女性向けの場合は、ダイエット系のサプリメントが売れ筋です。そして若い世代はスマートフォンで検索することが多いため、スマートフォン用のランディングページ制作が必要になります。

また大手のメディアで紹介された事実があるなら、積極的に雑誌名を紹介すると信憑性が増します。人気モデル名が使用しているなら、大きく取り上げます。さらに有効成分などを説明すると、ユーザーの信頼を得られます。基本色は明るい暖色系が好まれますが、商材によってはシックなレイアウトの方が良いこともあります。またランディングページは、商品の検索キーワードに合わせることが重要です。化粧品のランディングページ制作なら、20万円前後が相場です。5万円から15万円という安い料金もありますが、LPOの費用が入っていないケースが多いです。しかし制作後のLPOも込みで10万円前後の代行会社もありますので、依頼前に詳細を聞いておくべきです。

またアプリビジネスにおいても、ランディングページは重要です。仕上がったアプリがiOSであれば、App Storeで宣伝可能です。しかし新しいアプリは数万以上リリースされているので、インストール率を高めるには、ランディングページで宣伝することが必須です。また自動でLP制作をするアプリもあります。画像と機能説明を設定すると、即座にページが作れます。しかし大変シンプルなものしかできないので、売れるページにするには工夫が必要です。また海外アプリのティザーサイトを閲覧すると、大変参考になります。ティザーサイトは、また開発中の商品を宣伝しているサイトで、優れたレイアウトを持っています。しかし一部、日本人の感覚には合わないコンテンツもあるので、注意します。さらにアプリは、iphoneでもAndroidでも、画面サイズに合わせた画像やテキストが必要となります。フォントのサイズは大きめにして、改行を多くすると見やすくなります。

コメントは受け付けていません。