アフィリエイトに有効なランディングページとは

ランディングページ(LP)は、ウェブを活用したインターネットにおけるビジネスではかなり重要となるコンテンツです。アフィリエイトでも、メールマガジンの登録を促すLPや、最終段階として購入のセールスレターに飛ばすためのLP作成は必須。つまり、大きな収益を見込むためには、是非とも作成しておきたいコンテンツと言えます。特にクオリティが高いランディングページは、強力な資産コンテンツとなるでしょう。

そもそもランディングページとは
アフィリエイトに登場するランディングページは、ウェブ上での「見込み客」を集客するページのことを指します。省略して「LP」と示されるケースも多くなっています。本来は商品やサービスの見込み客を集めるための登録ページを示すものですが、無料メールマガジンの登録ページなども該当します。
ランディングページのデザインは、上から下に向かって読んでいくタイプのデザインが多く、テキスト以外に動画を埋め込んで作成しているものも沢山あります。最終的には、メールマガジンの登録やサービスの申込みにつながる情報が記載されています。主な目的は、顧客の情報を登録させることに尽きますので、閲覧しているユーザーに迷いを感じさせないように、上から下に向けて誘導していきます。

ランディングページのファーストビュー
ランディングページでは、頁を開いてすぐに目に入る部分をファーストビューと呼ばれます。ここでは、その商品またはサービスの一番の利益つまりベネフィットをキャッチコピーにして配置します。また、大きめの画像を配置してインパクトを与える方法も効果的です。
ファーストビューで必要になるのは、登録することによって消費者が得られる利益です。開いた時に、まずはページそのものにインパクトがあって、消費者の心を掴むキャッチコピーがあると効果的です。キャッチコピーにはメリットについて連想させるキーワードなどを散りばめ、下の部分に記載されているページテキストまで読み進んでもらえるように配置することがポイントです。

見込み客に対する提案なども有効
ランディングページにおけるテキスト部分では、読者となる見込み客に対する訴求を入れるようにします。見込み客の悩みを解消するための提案なども記載すると良いでしょう。
さらに、テキストの中に商品やサービスを手にした後に想定できる利益を提示しておきます。そうすることで、見込み客は購入するメリットを理解しやすくなります。

コメントは受け付けていません。