参考になるランディングページのアーカイブ

ランディングページ最適化はコンバージョン率を向上させるためには必須になります。最適化と言っても決まった方法があるわけではありません。HTMLやCSSなどの最適化であれば無駄のないもの、余分な工程がないものと言えますが、デザインや構造、エフェクトなどについては業種や地域、対象となる年齢層によって違ってきます。これが正解というものがないためHPの執筆は難しいと言うことになります。だからと言って何も参考にあるものがないわけではありません。web上には無数のランディングページがあります。中には良いお手本となるものもあるはずなので、それらを参考として使えば、良いものが作れるはずです。他分野のランディングページを参考にすることも良い刺激になるはずです。

お手本となるランディングページを自分で探すのは意外と重労働です。一つ一つ開いて見ていくのは、当たり外れも多く時間ばかりが過ぎていきます。そんな時はアーカイブは使うと便利です。分野ごとやおすすめ、新作、お気に入りが多いものなど並び替えて一覧で見ることができるため短時間で多くのページをチェックすることができます。並べて表示されていることで、比較も容易です。そのようにまとまっているものを利用することで自分で探す手間が省けて時間の節約になります。情報の有効活用として利用しない手はありません。

アーカイブを使うときに注意しなければならないのが、情報の過多です。どのようなランディングページを作るかを決めないうちに見てしまうといろいろなデザインに翻弄されて一貫したものが作れないおそれがあります。他のランディングページは参考であって素材ではありません。向かっている方向が定まっていないと目移りしてよ回混乱することになります。そのため、まずはしっかりとしたコンセプトを決めておきます。それに合うアーカイブを確認し、どのような要素が必要で、何を省くべきなのかを検討します。全体的な構成や色の使い方、文字の配置など参考とすべき部分はたくさんあるはずです。決めていたものがブレない程度に刺激を受けて執筆を行います。特に新着のものは今までなかったコンセプトが見つかる可能性があります、そのようなものからインスピレーションを得てオリジナリティのあるものを製作します。あまりに既存のものと近いとユーザーに飽きられるおそれもあります。今まで使われていない技術を検討するのにも効果的です。

コメントは受け付けていません。