ランディングページのampバージョンを作る方法

ランディングページを最速で表示してくれます。
ページ読み込み速度が速い、特にグーグルAMPキャッシュから読み込まれる場合には、さらなる高速化を期待出来るなどと言われています。このAMPと言うのはAccelerated Mobile Pagesの略称で、読み込みが早いのでウェブページを開いた際にストレスなくユーザーに情報を与える事が出来るメリットを持ちます。

そのため、ampを利用したウェブページ制作、既存のページをampとして再利用したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
但し、ampなどの技術は化粧品を販売するメーカー担当者などが知っていない、制作会社からこうした提案を行うケースもあるわけです。
実績を持つ制作会社にはノウハウがある事、そして最新技術をいち早く取り入れたウェブページ作りを行ってくれます。

AMPページが有効になっている事を確認する。
ランディングページのampバージョン、既存のampページをランディングページにする時には設定ガイドを確認する事やページが有効になっているのかを確認する必要があります。
検証ツールやデベロッパーガイドを利用する事で、こうした作業は円滑に行う事が出来るようになっています。
所で、ランディングページは長手ページになるので写真を多く挿入している場合には、読み込みまでの時間も多く掛かる事になります。

最近は光通信技術が発達している、パソコンのスペックも高くなっているなど、読み込みまでの速度はそれほどストレスを感じないと言う人は多いと言えましょう。
しかし、携帯端末などの場合は写真が多いページともなると、読み込みまでに時間を要してしまい、リスティング広告から誘導で出来ても途中で画面を閉じられてしまう恐れもあります。

化粧品のHPの見積もりのポイントについて。
化粧品を紹介するランディングページは写真の掲載量も多くなりますし、写真を掲載する事でウェブページを見ているお客さんに対し訴求力を与える効果も期待出来るようになります。
ランディングページの制作を手掛ける会社に見積もりを依頼する時には、価格の相場を掴むためにも、幾つかの制作会社に相見積もりを依頼するのがお勧めです。

幾つかの制作会社はいずれも化粧品のランディングページ実績を持つ会社を選ぶ、制作会社の実績は制作実例が多い会社を選ぶなどのコツがあります。
リスティング広告からの誘導になるので、リスティング広告の出現率やクリック率などの解析も行ってくれる制作会社がお勧めです。

コメントは受け付けていません。