ランディングページを印刷する方法について

縦長ページを印刷すると文字が小さくなる。
ウェブサイトなどの場合は、メニューからそれぞれのウェブページを選んで閲覧するのに対して、ランディングページはスクロール移動をしながらページ内の閲覧をするなどの特徴があります。
長さに制限がないため、色々な情報をページ内に記載が出来るメリットがあります。
最近は、動的なページを作るための様々な工夫が行われており、動きがあるウェブページはユーザーに興味を引き付ける効果にも繋がります。
リスティング広告を見てユーザーが興味を持つ、そして最初に開いたページがランディングページで、ページ内に興味を引き付ける要素が多いほどウェブサイトへの誘導が可能になる、利益率を高める効果に繋がります。

尚、ユーザーの中にはページを印刷して後でゆっくりと読みたいと考える人も少なくありません。
縦長のページを印刷すると左右の余白が大きくなる、A4サイズの用紙に縦長ページ全体が印刷されてしまうので、文字が小さくなりすぎてしまい、読む事が出来ないケースもあります。
縦長のウェブページを印刷した事がある人はこうした経験をしたケースも多いのではないでしょうか。

ランディングページは縦長になっているウェブページです。
ランディングページを印字する時には、オンラインアプリやフリーソフトなどを利用すると便利です。
例えば、Google Chromeに対応している縦長画像を分割した状態で、1枚の中にレイアウトしてくれるオンラインアプリ、複数ページに自動的に分割が出来るフリーソフト、サファリのみに対応している機能ではありますが、少ない余白で縦長ページを複数ページに印字してくれる機能などがあります。

化粧品のホームページの作成
化粧品を販売するお店はウェブサイトのSEO対策を行い、キャンペーン商品や特定ユーザー向けに売り込みを行いたい商品などのランディングページで集客を行っているケースが多くあります。
ランディングページにはリスティング広告からの訪問者を誘導するためのウェブページと言う役割がありますが、リスティング広告を利用して、特定ユーザーだけを絞り込んでウェブページに誘導出来る利点があります。
最初に表示が行われた部分には目立つような文字サイズや色を使い、縦長ページのスクロール行動を図る工夫を行い、化粧品を利用したお客さんの口コミなどを掲載、化粧品の特徴や成分などについての説明、化粧品を購入する時の決済ページへのリンクへの誘導を行うのがランディングページの特徴です。

コメントは受け付けていません。