ランディングページの具体的なイメージを知りたいなら

ランディングページは、webマーケティングにおいて重要な役割を果たしているホームページです。作成される目的は、商品やサービスの購入、問い合わせ、予約など、ダイレクトなアクションを起こしてもらうことです。ランディングページという言葉自体は、検索をして最初に着地するページを指しますが、webマーケティングで用いられることが多いランディングページとは、リスティング広告などから誘導されてきたユーザ―向けに作られている、一枚のホームページです。特徴としては、一枚ですべての情報を伝えきります。なぜかというと、直接購入などのアクションにつなげてもらうためには、閲覧者に納得してもらわなくてはならないからです。前提知識を持っていない人も訪れるケースが多いですから、着地ページが複数あると、下層ページを見ただけでは何が何だかわからず直帰されてしまいます。ランディングページは、この直帰率を下げて、コンバージョン率を高めることが目的としているので、そのために情報を伝えきるサイト構成となるので、サイトは一枚です。

サイトが一枚になっている理由はほかにも、興味を持ってくれたサイトから外部のページに人が流れないようにするということもあります。リンクがちりばめられていると、そこから別のページに飛ぶことが多くなりますが、その結果興味を薄れさせてしまう恐れがあります。そこで、そういった無駄なリンクを排除して、そのページからは、商品の購入申込や問い合わせ先のリンクぐらいしか貼らないようにして、回避されることをできるだけ下げるために、サイトは一枚にします。これも、コンバージョン率を高めるための一つの戦略です。

このように説明されても、ランディングページが具体的にどういったサイトなのか、イメージをつかむことができないという人もいるでしょう。そういった人は、実際にランディングページを見てみることが、イメージをつかむために役に立ちます。ホームページとデザイン例を紹介しているリンク集をまとめているホームページはたくさんあります。検索するとヒットしますので、そちらを見てみると良いでしょう。それらのサイトには、実際に企業が運用しているランディングページのリンクが貼られているため、実際にどのような物なのかを知ることができます。また、色々な会社のランディングページを見比べれば、業種ごとにどのようなサイト構成にすべきかが見えてきます。

コメントは受け付けていません。